【Confitバージョンアップ情報 Ver3.6.0】参加登録機能がもっと便利になりました

みなさま、こんにちは。
導入コンサルタントの田上です。

世間では騒がしいニュースが多いですが、ふと通勤路の梅の古木に目をやれば、また一層花のつぼみが大きくなっていました。春は確実に近づいていますね。

 

そんなサザエさんの次回予告のような書き出しではありますが、本日の記事は2月13日にリリースされた、Confit Edit Ver.3.6.0のバージョンアップ情報です。
今回のバージョンアップでは、特に参加登録機能が大幅に拡張されました。

どんな拡張が実施されたのか、ご紹介します!

【バージョンアップ その①】
参加登録管理画面のレイアウトを変更しました!

参加登録を開始すると、「参加登録画面ですぐに情報を確認したい!」という場面に何度も出くわすことになります。

そんな時に多くの情報が画面に出ていて見づらかったり、必要な情報をすぐに確認できなかったりすると、それだけでかなりのストレスです。

 

従来の参加登録管理画面に対して「見づらい!」というお声が寄せられたわけではないのですが、そうしたストレスにつながらないよう、日頃お客様からお伺いする参加登録受付業務の様子を踏まえて、レイアウトを変更しました。

新しい画面がこちらです!

検索ボックスを画面上部に配置して折りたたみ式にすることで、参加登録情報の領域をより広く確保しました。
より見やすい画面となっていましたら、幸いです。

【バージョンアップ その②】
「氏名ふりがな」での参加者検索が可能になりました!

参加登録の受付を開始すると、参加希望者から様々な質問がメールや電話で寄せられます。

メールであれば、メールの署名に書かれた名前をコピーして検索できますが、電話で名前を言われると音だけでは漢字氏名が分からないだけに検索するのも一苦労です。

 

今回のバージョンアップで、そんな管理者の方のお悩みを解消すべく、「氏名ふりがな」で参加者検索できるようになりました。

これで「やまだ たろう」と口頭で言われても、「山田 太郎」か「山田 太朗」か、はたまた「矢間田 太郎」なのか・・・悩まずに参加者検索ができますね。

【バージョンアップ その③】
GMOペイメントゲートウェイと連携が可能になりました!

この機能拡張が、今回のバージョンアップで最もアピールしたいポイントです!

Confit参加登録機能の最大の魅力は、オンライン決済による自動消込ができるということです。GMOペイメントゲートウェイとの連携が可能となったことにより、クレジット決済、コンビニ決済の他、銀行振込の自動消込も対応が可能となりました。

詳しくは、こちらのページをご確認ください。

 

以上が、今回のバージョンアップのご紹介でした。

今回ご紹介した内容以外にも、システムを安定的にご利用いただけるよう、細かなシステム調整を実施しています。
ご利用になるみなさまにとって、安心で便利なバージョンアップに少しでもなっていれば大変うれしく思います。

今回ご紹介した内容の詳細な説明やデモをご希望の方は、こちらまでご連絡ください。