Confitについて

国際会議でも使えますか?日本語画面と英語画面で切り替えられますか?
画面言語は日本語のみ、英語のみ、日英切り替え式の3種類からお選びいただけます。
Confitはどんな人が利用するサービスですか(誰でも使えますか)?
どなたでもご利用いただけます。学術大会運営のサービスをされる事業者さま、印刷会社さま、学会事務局さまなど、幅広いお客様にConfitをご契約いただいております。
セキュリティが心配です。
情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格「JIS Q 27001:2014 (ISO/IEC 27001:2013)」の認証を取得しており、ISMSセキュリティ方針に従った開発、運用作業をしており、脆弱性試験も実施しています。
また、外部機関でのISMS審査にて、ISMSセキュリティ方針に問題がないことを確認しています。
アトラスの個人情報の取り扱いについて教えてください。
弊社は、2010年8月4日に情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)に関する国際規格「JIS Q 27001:2006( ISO/IEC27001:2005)」の認証を取得し、規格改定に伴い、2015年7月29日に JIS Q 27001:2014 (ISO/IEC 27001:2013)へ移行しております。個人情報の取り扱いについて適切な保護措置を講じていると認められた事業者に対してのみ認定・付与されるものですので、ご安心ください。
規模が大きい大会なのですが、締切間際に画面が重くなるようなことはありますか?
全体の投稿数を予測し、規模の大きな学会の締切間際などはあらかじめサーバを増強します。また、応答速度が遅くなった際に自動で検知する仕組みを設けており、快適にご利用いただく環境を保っています。
Confitに適さないのはどんなケースですか?
Confitを活用いただくことで、学会が抱える課題の解決と満足の向上に努めているのですが、弊社の力不足もありうまくいかないケースがあることも事実です。うまくいかない学会はこちらの2つのパターンに集約されます。

現在の運用を100%そのまま移行することを望まれる学会
全ての学会の全ての運用に対応する機能を有しているわけではありません。代替機能の活用や運用の微調整を一緒にご検討いただくこともあります。別の方法での実現により、全体的な手間が軽減されるケースがほとんどです。

導入担当の方々の連携が取れていない学会
複数の先生にご検討いただくことや、複数の方が弊社とやりとりすることは全く問題ありません。 稀にあるケースですが、それぞれの方から真逆の依頼をお知らせいただくことがあります。 意見が集約できないとConfit導入により却って混乱することに繋がりますので、取りまとめる方がいるとスムーズに進みます。

今までの利用実績を教えてください。
トータルで1,000を超える大会に提供してきました。(2021年8月現在)
理学、工学、医学、人文学、社会学など、分野は様々です。さらに詳しい情報は「実績・事例紹介」をご覧ください。
Confitの導入事例を教えてください。
こちらのスタッフブログにまとめました。
強みと弱みを教えてください。
弱み
Confitはパッケージサービスであり、学会のご希望をそのままシステム化して提供できるわけではありません。強み
パッケージサービスだからこそ、皆様に快適にご利用いただくためのバージョンアップを続けています。「年々使いやすくなっている」という声をいただけると励みになります。 もう一つの強みはサポートです。 “良いサービス” は、”便利なシステム” というだけでなく、 “質の高い導入サポート” があって提供できるものと考えております。せっかく便利なシステムがあっても、上手く使えるようにサポートをしないとお客様の課題は解決できません。システムとサポートのどちらかだけでなく、両方を強化しています。さらに詳しい情報は「Confitの強みと弱み」をご確認ください。
パソコンにインストールする必要がありますか?
パソコンにインストールする必要はございません。
オンラインで作業できる環境であれば、いつでもどこでもConfitにアクセスするだけで利用できます。

機能について

機能一覧はありますか?
機能一覧をご覧ください。
またスタッフブログの機能紹介コーナーでも紹介しております。掲載しているのは一部で、これ以外にも多くの機能を有しております。また年間4回程度バージョンアップを実施して機能を追加しています。
大会Webサイトは構築済みなのでWebサイト機能は不要です。
大会Webサイト機能の利用は任意です。ご利用いただくと大会のWebサイトが簡単に構築できるだけでなく、管理画面からいつでもページ追加や修正が可能になります。修正による追加料金も不要なので、どうぞご活用ください。
プログラム編成機能が魅力的なのですが、Session Builderだけを切り出して利用できますか?
Session Builderのみの提供はしておりません。Session Builderを利用すると、Web抄録サイトがすぐにできますので、抄録公開までセットでご利用いただいております。
オンラインで参加費を徴収したいと思いますが、どのような決済方法を利用できますか?
クレジットカード決済、コンビニ決済、バーチャル口座決済に対応しております。
オンライン決済された結果は、自動的にConfitに反映され、いつでも支払い状況を確認できます。
支払いの消し込みも自動です。
演題登録、参加登録は何人まで募れますか?
演題登録、参加登録ともに登録人数の上限は設けておりません。
規模の大きい大会では全体の登録数を予測して、締切間際などのアクセスが集中する時期にはサーバーを増強する対策をとっております。レスポンスが遅くなった際には自動検知する仕組みも設けて、皆様に快適にご利用いただく環境の保全に努めております。
システムから送信されるメール文は全て用意する必要がありますか?
ご提供の段階で、汎用的なメール文が設定されています。汎用メールをそのまま利用する学会も多いですが、気になるメールがありましたら管理画面からいつでも変更可能です。
システムだけでなく事務局機能や製作物もお願いできますか?
オプションでお受けしております。どこまでお任せいただけるのか確認した上でお見積りします。
こちらの内容をお受けできます。

  • 演題/参加管理、会費納入管理、問い合わせ窓口
  • 名札や参加証の作成/発送
  • 講演集や要旨集の作成/発送
  • 当日の受付スタッフ派遣

サポートについて

はじめての導入なので不安です。
年間200学会に提供しているので、ノウハウが溜まってきました。現状の方法や課題のヒアリング、他学会の事例も共有しながら最適な導入方法をご提案します。
Confit導入を検討しているのですが、システムに精通している人材がいないので不安です。設定もしてもらえますか?
初年度の初期設定はヒアリングを元に弊社導入コンサルタントがいたしますが、運用開始後はお客様自身で設定をしていただきます。随時サポートいたしますのでご安心ください。

デモンストレーションについて

遠方でもシステムの説明に来てもらえますか?
Webツールを利用したデモを実施しております。地方への出張もありますので、タイミングが合えばその際に伺うことも可能です。
検討のために試すサイトはありますか?
テストサイトを用意しております。お気軽にこちらよりご依頼ください。
発注から運用開始までどれぐらいの期間が必要ですか?
目安としては、演題登録・参加登録は最短で1カ月、モバイルアプリは3カ月です。
導入までに準備することを教えてください。
スタッフブログにまとめました。
複数年で利用するとメリットはありますか?
会期終了後にお客様と弊社で振り返り会を実施し、問題だったこと、気になったこと等を整理しています。設定内容や改善点は次回に引き継ぎ、よりブラッシュアップしたシステムを利用してもらえるような仕組みを用意しております。

料金について

価格体系を教えてください。
演題数・利用機能に応じて決まります。利用期間は価格に影響しません。
システムを導入したいのですが費用が気になります。コストを抑えたプランはありますか?
演題数、利用機能に応じて価格体系は異なります。
「Confitを導入して、学術大会運営のどの部分をシステム化したいのか、どう効率化したいのか」をヒアリングし、システム導入の目的に見合ったプランをご提案させていただきます。
利用料金の支払いタイミングは?
初期設定完了時の初期費用と、利用後の利用料の2回にわけて支払いをお願いしています。
投稿者などの利用者から使い方の問い合わせが増えませんか?
迷いなく直感的に使える画面を目指してブラッシュアップを続けています。先日、導入して初めて実施した学会では1,000件の投稿がありましたが、操作に関する問い合わせはゼロ件でした。
今後もユーザビリティ検証など、画面改善の取り組みを続けていきます。
相談や見積に費用はかかりますか?
費用はかかりません。少しでも気になりましたら、お気軽にお問合せください。