「UMIN演題登録システム」の終了を受けて

こんにちは。学術大会ソリューション部の田口と申します。

昨年までは、アトラスが扱う他サービス「論文投稿システム」や「会員管理システム」の担当をしておりましたが、今年はConfitの担当です。
一昨年までConfitの営業をしておりましたので、私のことを知ってくださっている方もいらっしゃいますよね。

 

さて先日2018年5月上旬。な、な、なんと「UMINのサービス終了」という衝撃の案内がありました。
私がアトラスに入社して約15年。これまで学会様や運営を担当されているみなさまからUMINのお話をよくうかがってきました。「UMINは先生方がすごく慣れているからいいのよ」「UMINは抄録作成が便利なんだよね」などなど。

 

UMIN演題登録システムは医学系の学術大会では定番でしたし、それを利用するのが当然という流れでした。
最近では「演題登録はUMINで実施するので、プロ編からConfitを利用したいです」というリクエストが多かったため、UMINでダウンロードした演題データをConfitに取り込む機能を拡張しようと計画・実行していたところです。

 

 

UMINサービス2019年3月末終了に向け、みなさま次の準備をはじめていると思います。
弊社アトラスは2009年にPASREG(パスレグ)という演題登録のサービスを開始し、現在のConfitというサービスに生まれかわり約4年。演題登録のサービス提供歴としては約10年となります。2018年3月時点でConfitは累計 130学会に利用いただきました。

 

ConfitはUMIN演題登録システムと基本的に同じことができ、大会ごとのカスタマイズも柔軟にできます。
事務局画面では登録状況サマリも表示、グラフで視覚的に見られるといった、UMINには無い機能もあります(詳細はこちらのブログで紹介しています)。
利用していただいた方からは、画面のわかりやすさをお褒めいただく事が多いです。

 

キャンペーンしています!

UMINサービス終了によって、みなさまが作業的にも費用的にも困らぬよう、弊社アトラスでは「UMIN 移行支援特別キャンペーン ※」を実施しています。
(※UMIN演題登録システムを利用していた大会に限ります)

キャンペーン詳細については、弊社営業担当の備家、田口、ニューフェイスの堀田まで直接ご連絡ください。
下のお問い合わせバナーからのお問合せでも結構です。

これからもちょいちょい登場させていただきます!みなさまどうぞよろしくお願いします。