管理者サイトで進捗状況が一目でわかるようになりました!

こんにちは。CS部の備家です。

今日は、昨年末にバージョンアップしたConfitの管理者サイトトップ画面について紹介します。
このバージョンアップ、実はConfitの開発メンバー・サポートメンバーともに「早く実現したい!」と願っていたものです。(それなのにブログでの紹介が遅くなってしまいました・・・)
なにを実現するためにリリースしたかと言うと、以下の通りです。

 

学術大会の事務局様が今の状況を一目で確認でき、必要なアクションができる

 

学術大会の事務局様が、限られた準備期間でどれだけ多くの業務をこなさなければならないか、私たちは知っています。
広報活動、招へい対応、会場とのやりとり、参加・演題登録の管理、査読依頼、プログラム編成準備、座長依頼、宿泊手配、プログラム・抄録集の制作、マニュアル作成、etc. ・・・

 

挙げたらきりがないほどの業務のなかで、私たちがConfitで価値を提供できるのは「プログラムに関わる部分」です。
具体的には演題(参加)登録、査読、プログラム編成、座長登録、抄録・プログラムのオンライン公開が挙げられます。

 

これらをシステムで一元管理できるのがConfitの強みで、最大の価値なのですが、ただ一元管理できるだけでは今一歩です。
限られた時間で多くの業務を抱えている事務局様が必要とするのは、「今の状況を一目で確認でき、即座に必要なアクションができる」管理システムではないでしょうか。

 

そこでようやく今回のバージョンアップ内容についてです。

 

管理者サイトTOP画面デザインのリニューアル

事務局様が利用する管理者サイトのトップ画面デザインを大幅に変更しました。Confitに登録されている情報や各機能を1画面で統合して表示し、事務局様が戦略的に管理できるダッシュボード形式に変更しました。

※クリックして拡大表示できます

 

ダッシュボード化で叶えられること

今の状況やこれから何をすべきかがより明示的に表示されるようになり、これまで課題だった以下3点を解決します。

 

  1. 各プロセス(演題登録、参加登録、査読、プログラム編成など)を開始するまでに事務局でやるべきことがわからない
    →各プロセスの開始するまでの必須設定を明示し、設定漏れを防止
  2. Confitで何ができるのか、各機能の画面を見ないとわからない
    →各プロセスで使用する機能のリンクを表示することで各機能への導線を明示
  3. 登録数や進捗率など、事務局が把握したい情報は個別の画面を参照しなければ得られない
    →各プロセスで管理すべき件数や進捗率を一画面に表示することで、事務局が一目で状況を把握でき、即座に必要な処理(リマインドメール送信など)ができる

 

今回のバージョンアップで皆様のプログラム部分にかかる手間を少しでも削減でき、学術大会成功の一助になれればうれしい限りです。

デモや詳細のご説明をご希望の方は、下のお問い合わせバナーから遠慮なくお問い合わせください。