【機能紹介㉗】査読サマリ

Confit導入コンサルタントの芳賀です。

今回は、Confitの査読サマリについてご紹介します。

査読サマリとは?

査読サマリとは、演題査読システムの査読状況を一覧で確認できる機能です。

査読サマリには、以下のような指標が表示されます。

査読依頼、査読状況(件数)

  1. 依頼数
  2. 査読完了
  3. 未査読

担当者別 査読状況 (人数)

  1. 依頼数
  2. 査読完了
  3. 査読中
  4. 未査読(査読0件)

カテゴリ別 ※カテゴリ別の件数が表示されます。

  1. 依頼数
  2. 査読完了
  3. 未査読
  4. 進捗率

査読サマリを見てみよう

「担当者別 査読状況 (人数)」に表示されている件数をクリックすると、該当する査読者の一覧画面にジャンプします。

たとえば、「未査読 (査読0件)」の件数をクリックすると、査読を1件も完了していない査読者の一覧が表示されます。

表示された画面の「一括メール送信」ボタンで、査読を完了していない査読者を対象に、査読催促のメールを一括送信できます。

また、「査読完了」の件数をクリックすると、査読をすべて完了した査読者の一覧が表示されるので、お礼のメールを査読者に一括送信することもできます。

査読がすべて完了したら

査読がすべて完了したら、査読結果をExcelファイルでエクスポートして、採択・不採択を判断します。

 

査読結果には、投稿情報と査読情報が出力され、査読者名をブラインドすることも可能です。査読者名をブラインドすると、査読担当欄にはA,B,C・・のようにアルファベットの記号が出力されます。

便利な使い方

査読依頼後に定期的に査読サマリを確認すると、査読が進んでいない担当者が一目でわかり、催促のメールを一括で送信できます。

大会事務局側としては、少しでも早く査読を完了していただきたいところですが、査読を担当される方々もお忙しいことが多いので、細やかにリマインドメールが送信できる点がとても便利ではないかと思います。

 

以上、査読サマリのご紹介でした。

演題査読機能については、他にも記事を公開しています。

是非ご覧ください。

【機能紹介⑪】査読割当

【機能紹介⑯】演題査読

【機能紹介⑲】査読コメントのテンプレート設定

【機能紹介㉒】査読ブラインド機能

 

Confitのサービス全体を知りたい、この機能をもう少し知りたいなどお気軽にお問い合わせください!