Confitロゴをリニューアルしました!

みなさまはじめまして。Confitのデザイン担当をしているさいとう(くろ)です。

アトラスのデベロッパーブログを御覧いただいている方には「あ、黒いほうね」と分かっていただけるかと思います。

さて、すでにお気づきの方もいるかもしれませんが、この度Confitロゴをリニューアルしました!

※サービス画面のロゴ変更は順次対応していく予定です

新ロゴのポイント

  • 現状のロゴから大きく逸脱しないようにしました。その上で現在のロゴよりもシンプルでスリムにしたことで、より洗練されたイメージになっています。
  • 文字部分Sans-serif系のフォントに変更していますが、頭のCの部分を既存のロゴに近いフォルムにすることで、今までのロゴに馴染みがある人にも違和感がないようにしました。
  • 丸文字に変えたことで全体的に柔らかいイメージになり、“やさしい”システムを謳っているConfitのイメージに合わせています。
  • C部分の目の位置を移動し、視線をはっきりさせました。これは、Confitは “一歩進んだ” 価値の高いシステムとサービスを目指していることを表現するために、「未来」へ視線を向かせています。

という感じで、色々な思いを込めたロゴになりました。

個人的な話をしますと、旧ロゴについてはデザインをやり始めた駆け出しの頃に作ったロゴなので今見ると目も当てられません……それと比較すると、自分で言うのもなんですが中々良いものになったのではないかなと思っています。

そもそもあのアヒルは一体…?

「“C”に顔をはめているアヒルは一体なんなんだ…?」と思っている方もいるのではないでしょうか。折角ロゴの話をしているので、ここでロゴ誕生…いや、コンフィーちゃん誕生秘話をしたいと思います。

その前に、まずサービス名称がなぜ「Confit」になったのか。

Confitは「学術大会をITでサポートする」という思いを込め、「Conference + IT」で Confit という名称になりました。
また、Con“fit” ということで、様々な学会やユーザにfitするように、という思いも込められています。

Confitの名前の所以が分かったところで、なぜConfitのロゴがアヒルになったのか、なのですが……

端的にいうとその場のノリです。

ロゴを作るに当たり、何かキャラがいるといいよねという話になり……

「Confit」はフランス語で「コンフィ」という調理方法を指すのですが、そこから連想して「アヒル」とかどう?という話になり……

Confitのキャラクター、コンフィーちゃんは生まれました!

 

今思うと結構なブラックジョーク感もありますが(そういうの大好きなんです…)、社内だけでなくお客様からも「コンフィーちゃんのファンです」という声をいただくこともあり、愛されるキャラになって良かったなぁと思っています。

なぜリニューアルしたのか?

デザインをやり始めた駆け出しの頃に作った、と書きましたが、Confitがローンチされたのは2013年、6年も前のことです。このロゴが世に出た時に比べ、社会情勢やIT環境、Webのトレンドも大きく変わってきています。その中で、Confitのロゴも含めサービス全体のデザインも時代遅れなものになってきました。

そのためConfit(オンライン抄録Web版)は、2019年から2020年にかけて、画面デザインのリニューアルを計画しています。

その足がかりとして、まずロゴを先にリニューアルしよう、ということでリニューアルに至りました。

画面デザインについては、すでにお客様から「こうなったらいいな」という声をたくさん頂いています。一歩進んだ価値の高いシステムとサービスにしていくために、それらを元に画面を改善していきます。

コンフィーちゃんと一緒に未来を目指して行きますので、Confitの今後にご期待ください!