【機能紹介㉓】講演検索

こんにちは、Confit導入コンサルタントの黛です。

最近は少しずつ暖かい日も増えてきましたね。

今回は「抄録Webサイト・アプリの講演検索機能」をご紹介します。

講演検索って?

抄録Webサイト・アプリから興味のある講演を検索する機能です。

PCやアプリの検索画面からフリーワード入力や、絞り込み検索ができるので、冊子のプログラム集や抄録集よりもスピーディーに欲しい情報を見つけられます。

その機能はどんな事に役に立つか?

スピーディーな講演検索

冊子の場合、気になる講演があると演者を索引で探したり、目次で目当てのページを見つけたりと、何回もページをめくり、目的の情報に行きつくまでに時間がかかってしまうことも多いのではないでしょうか。

抄録Webサイト・アプリの講演検索では思いついたキーワードで講演を探せるので、目当ての抄録をストレスなく探せます。

狭いスペースでも快適に!

いつも会場でゆっくり座って冊子をめくることができればいいのですが、座る場所がなかったり、混雑していたり、時には立ったままの状態でページをめくらないといけなかったりと落ち着いて冊子を見るのが難しいときもあるのではないでしょうか。

そんな時に、手持ちのスマートフォンにアプリをインストールしていれば、大会当日の会場でも冊子の抄録集を開かずにアプリから講演検索することができるのも嬉しいポイントです。

実際の画面と操作

Webの講演検索画面

 

Web検索画面でできること

  1. フリーワード検索時はサジェストを表示。
  2. 会場やプログラム区分で絞り込んで検索可能。
  3. 検索対象を「セッション」「講演」で切り替えが可能。

 

アプリの講演検索画面

虫メガネのマークのアイコンが講演検索です。

講演検索は「フリーワード」と「詳細検索」があります。
キーワードで検索したいときは「フリーワードでさがす」に検索条件を入力して検索します。

情報を絞り込んで検索したいときは詳細検索を使います。

「詳細検索」をタップし各項目に検索条件を入力して検索します。

複数項目に入力すると「&検索」になるので、より精度の高い検索ができます。

活用例

実際の利用例を紹介します。

  • 会期前に抄録Webサイトで講演検索&スケジュール登録しておくことで効率よく学会に参加
    • 会期前に抄録Webサイトで自分の研究に関わる講演を検索し、抄録を読んだ後に興味のある講演をマイスケジュールに登録する。会場ではマイスケジュール通りに聴講する。
    • 抄録Webサイトは、フリーワード検索にキーワードを入力するとサジェストが表示するので、興味のある講演との出逢いを期待できます。
  • 発表者の検索から知り合いの研究者の講演を探す。
    • 学会は多くの研究者が一堂に集まる機会です。抄録Webサイトで事前に発表者検索しておけば、どの時間に発表するか把握できるので、会場でコミュニケーションを取る際にも役に立ちます。

    以上、講演検索のご紹介で した。

Confitのサービス全体を知りたい、この機能をもう少し知りたいなどお気軽にお問い合わせください!