【機能紹介⑱】リアルタイムデータ更新

こんにちは、Confit導入コンサルタントの羽賀です。(ブログ初登場です!)

今回はConfitの「リアルタイムデータ更新」をご紹介します。

リアルタイムデータ更新って?

プログラムや出展者情報をWeb管理画面で修正して、公開されているWeb、アプリにリアルタイムで反映できる機能です。

その機能はどんな事に役に立つか?

プログラム集や抄録集の校了後に、以下のような修正が発生することはありませんか?

  • 座長を担当する先生が変更になった
  • 講演やセッションのタイトルに修正が入った
  • 発表予定の講演が取り消しになった

プログラム集などの印刷物だと修正してもう一度だし直すことが難しいですが、オンラインで公開されているConfitだからこそ、これらの修正ができ、常に最新の情報を掲載できます。
会期中でも、修正が可能です!

実際の画面と操作

それでは早速、修正方法をご説明いたします。
修正したいセッション、講演、または出展者の「編集」ボタンを選択します。


編集画面が表示されるので、修正したい箇所を更新し、「保存」ボタンをクリックします。

プログラム、または出展者公開画面から「公開」ボタンをクリックすると、Web・アプリに最新情報が反映されます。

これで、修正作業は終わりです。
アプリはTOP画面に表示される「最新データ取得」をするとデータが反映されます。

Web管理画面でサクッと修正・公開すれば、参加者に常に最新の情報をお伝えすることができますね♪
是非ご活用ください!

以上、リアルタイムデータ更新のご紹介でした。
Confitのサービス全体を知りたい、この機能をもう少し知りたいなどお気軽にお問い合わせください!