スタッフブログ

【医学系学会必見!】動画視聴ログを取得できるようになりました!

こんにちは、導入コンサルタントの高柳です。

いよいよ、夏本番!弊社では7月~9月に夏季休暇を取得できます。趣味だった旅行も数年我慢をしてきましたので、「今年こそは!!」という思いでガイドブックを眺めながらわくわくしております。

 

さて、皆様にもわくわくしていただける機能がリリースされましたのでご案内いたします。

その名も「動画視聴ログ」です。

1.動画視聴ログ導入の背景

新型コロナウイルスの蔓延をきっかけに、学術大会はオンライン方式や現地・オンラインのハイブリッド方式で開催されることが多くなりました。

特に、医学系学会の場合は単位認定がありますが、学会やPCOの皆様から「動画を視聴した際に視聴の記録を残したい」「単位認定に関わることなのでどうにかしてオンライン開催でも対応したい」と、たくさんのご要望をお伺いしてきました。

そのお悩みやご不安にお応えし、「動画視聴ログ」を取得できるよう開発を進めました。

2.動画視聴~ログ取得までの流れ

どのような機能なのかがわかるように、動画視聴〜ログ取得までの流れをご紹介します。

動画の掲載方式は従来のものと変更はございませんが、単位認定の対象となる動画はきちんと閲覧いただくように早送り禁止の設定をします。

講演ページアクセス時

動画を再生すると記録の取得が開始し、一時停止や再生終了を検知して視聴ログを登録します。

講演動画

動画再生時

再生時には「視聴履歴を記録します。」と表示されますので、視聴者ご本人にも記録されていることがわかり安心です。

講演動画 視聴履歴の記録開始

動画一時停止時

一時停止する場合には「視聴履歴を記録しました。」と表示され、実際に視聴した時間までの記録とその時点の再生割合を記録します。

もし、動画の途中で視聴をやめ、ブラウザを閉じてしまうと100%視聴したことにはならず、管理者側でその参加者が動画全体の何%を視聴したのかを確認することができます。

講演動画 視聴履歴の記録停止

 

視聴記録のレポートは弊社のシステムから取得しますので、会期終了後にご提供します。ご提供できる内容は以下です。

講演動画 視聴履歴のレポート(サンプル)

  • 講演番号
  • ログインID
  • 視聴者のメールアドレス
  • 視聴者の氏名(日英)
  • 視聴者の所属(日英)
  • 再生時間 (時:分:秒)
  • 再生割合[%]
  • 視聴開始日時
  • 視聴終了日時

3.便利にご活用いただくために

「動画視聴ログ」を便利にご利用いただくためには、ご利用いただく条件やご注意事項がございます。

  • 参加者個別認証機能+発表データ収集公開機能利用時のみ対象
  • 対象の動画はすべて早送り禁止の設定
  • モバイルアプリからの視聴はログ出力の対象外
  • 再生したまま(一時停止や再生終了を待たずに)画面を閉じたり、別の画面に遷移すると、視聴ログが正しく登録できない

より詳細に記録を残したい場合は、動画の最後にアンケートフォームを設定することができます。アンケートの回答と弊社からご提供する視聴記録を照合いただく必要がございますが、詳細かつ厳密に対応いただけます。

4.最後に

withコロナ時代でも対応できるよう、弊社では「進化しつづけるサービス」を提供できることを心がけております。今回ご紹介しました「動画視聴ログ」も皆様からいただいたご意見をもとに開発を進めました。

今後「動画視聴ログ」がさらに発展し、より便利な機能として進化するために皆様のご意見が必要です。ぜひ一度本機能をご活用いただき、機能の良さを感じていただくと共に、今後の進化に向けてご相談いただけますと幸いです。

 

また、今回の機能拡張の最大のポイントは「演題登録、参加登録~査読、プログラム編成~オンラインプログラムがセットになった『Confit』で、動画視聴ログを取得できるようになった」という点です。

特に医学系学会の場合、フェーズによってシステムがバラバラで運用、管理の負担が大きいというお悩みを伺うことも多いです。演題登録からオンラインプログラム、動画視聴ログの取得まで一貫したサービスを使うことで、運用の最適化、業務負担の軽減に貢献できると考えています。

 

具体的な機能詳細や価格感について知りたい!など、Confitについてご相談がございましたらお気軽に営業担当かお問い合わせフォームまでご連絡ください。