会員情報と結びつけて、シンプルな運用が実現しました!

みなさまこんにちは。CS部の田口です。

新年度始まりましたね。つい先日がお正月だった気がしているのですが、あっという間に4月です。
Confitは今年度も皆様のお役にたてるようなサービスとなれますよう社員一同尽力してまいりますので、今年度もよろしくお願いいたします。

と、新年度のご挨拶をしたところで、私たちアトラスの2019年の『新年のごあいさつ(年賀状)』はこちらでした。

 

 

届いた方は、あぁ何かこんな年賀状をもらったなぁ、2019年のアトラスは何が起こるのだろう?と、記憶に少し残っていますでしょうか。

2019年4月、この絵にあるとおり、弊社アトラスのサービスである「SMOOSY(会員管理システム)」と「Confit」が『つながり』ました!

 

「つながる。」ってどういうこと?

演題登録時や参加登録時に会員かどうかの確認をしているケースは多くの学会様であると思います。たとえば投稿時の規定に「発表できるのは会員資格を持つ方のみです」としている場合です。

規定にはそう書いていても、なかなか正確な情報では投稿されないものです。
たとえばこんな事ありますよね。

  • ご本人は会員資格があると思っていても、実は会費未納入で会員資格が無い。
  • そもそも入会するつもりで入会を忘れていた。

参加登録時も「会員価格」「非会員価格」の選択があった場合、非会員の方が誤って会員価格で登録していたり。と、色々ありますよね。こういった事での事務局側の確認作業はとても大変です。

 

今回「SMOOSY(会員管理システム)」と「Confit」をつなげ、以下を実現しました。

  • 演題登録時に会員認証をし、会員資格が無いと演題の登録はできない。
  • 参加登録時に会員認証をし、該当する会員種別の参加費しか選択できない。

こういったことがシステムで制御されていると、学会事務局の手間が大きく変わりますね。

また、会員システムに登録されている情報(名前、住所、メールアドレス)が演題登録に引き継がれるので、会員は情報を再度登録するという手間も省けます。

 

2019年4月。公益社団法人日本食品科学工学会 第66回大会で『つながる。』がスタートしました。学会様には後日ヒアリングして、良かった点、もっとこうなっていたらもっとよかったという事を聞いてみたいと思います。

今回のこの『つながる。』の実現はまだ序盤。アトラスはITを通じて学術コミュニケーション、学術研究の発展に寄与し社会に貢献するため『つながる。』の先も考えています。ご期待ください。