【機能紹介⑤】抄録アーカイブサイト

こんにちは、Confit導入コンサルタントの押江です。(ブログ初登場です!)

今回はConfitの便利機能「抄録アーカイブサイト」をご紹介します。

抄録アーカイブサイトって?

過去にConfitで公開したプログラム・抄録を閲覧でき、回次をまたいで横断検索できるサービスです。
Confitご利用2回目からアーカイブサイトを公開することができます。

その機能はどんな事に役に立つか?

    • Confitで公開したプログラム・抄録を、アーカイブとして残すことができる
      学会の著作物である研究発表のデータをアーカイブサイトとして残すことができます。
    • 回次をまたいで横断検索ができる
      過去に開催された大会のプログラム・抄録を横断検索することができます。
      例えば「この先生は過去にどんな発表をしているのだろう」と調べたいときは、回次をまたいだ検索結果により、検索・閲覧が非常にスムーズです!
    • 月額料金は不要
      アーカイブサイトを継続して公開しておくためには、サーバ費用や保守サポート料がかかることが一般的ですが、Confitはそれらの費用が一切かかりません。

実際の画面と操作

Confitを継続的にご利用いただいている、中高生のための学会『サイエンスキャッスル2019』では、学会のHPにConfitのアーカイブサイトをリンクし、過去大会の演題を検索できるように設定しています。
サイエンスキャッスル2019

Confitのアーカイブサイトはこのような画面です。
開催一覧には回次が一覧化されているので、過去大会の公開画面がとても探しやすいです!
サイエンスキャッスルConfitアーカイブサイト

 

講演検索では「フリーワード」「発表者、著者・共著者」などから検索できる他、「開催年」を選択することで、回次をまたいだ検索もできます!

一元管理されているアーカイブサイトがあると、参加者の方にもとっても便利にご利用いただけますよね♪

以上、アーカイブサイトのご紹介でした。
Confitのサービス全体を知りたい、この機能をもう少し知りたいなどお気軽にお問い合わせください!