学術大会ソリューション部の朝礼

こんにちは、CS部の大場です。

私たちのグループは、毎朝、朝礼をしています。朝礼では、勤怠連絡、その日の外出予定や全員で早めに共有したいことなどトピックがある人が話します。(朝礼とは別に、週一でグループ全体の進捗会があったり、チームごとの進捗会があったりしますが、その内容はまた今度)

 

日常的にはSlackやYammerというツールでも情報共有はしています。ただ、みんなで顔を合わせて朝礼で共有することで、それぞれが担当しているお客様のことをより深く知ったり、担当者の思いもよく知ることができます。
※SlackやYammerについては、アトラスの開発者ブログで紹介しています。ぜひこちらもご覧ください。

 

その日の訪問先を共有すれば、そのときに聞いてきてほしいことを伝えたり、担当者が不在のときの対応は誰が代わりにやるか、なども話したりできます。
その他、セミナーなどに参加したときもここで簡単に報告したり、大会や学術に関する話題があるときに共有したりします。

各自が担当している案件でも、急ぎのトピックがあれば共有するので、他のメンバーも状況がよくわかりフォローに入りやすい体制作りができます。

 

CS部の朝礼風景 CS部の朝礼

 

ちなみにこの日は、Confitを利用してくださっている画像センシング技術研究会様のSSII2017へ伺ったときの内容が報告されました。Confit公開システム(Confit Publication )のコメント機能を利用して、参加者から登壇者への質問を受け付けている、という活用方法が共有され、他のメンバーも活用事例として他のお客様へ紹介できるようになりました。

 

朝のちょっとした時間ですが、これから開始!と気合いを入れるとともに、メンバー間の情報共有でしっかりとサポートができるように朝礼を活用しています。